FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
みどり先生からのチョコレート
2009-02-12 Thu 22:44
この業界に20年以上もいると、「子どものころ、藤村さんの番組見てました」なんて言う若いスタッフと仕事をすることも珍しくなくなりました。そんな時は、つくづく自分の年齢を感じるわけですが、その逆の場合、私の子どものころにテレビの中にいた人と仕事でご一緒すると、ミーハー気分になって、かなり感激するものです。

まだ学校に上がる前、お昼前に必ず見ていた番組が『ロンパールーム』。同世代の皆さんは懐かしく思うでしょうが、知らない方のために解説すると、幼児向けの教育番組で、幼稚園や保育園のお遊戯や絵本の時間をそのままテレビにしたような番組でした。今もある『おかあさんといっしょ』みたいな感じです。出演しているのは、進行役でもある先生(みどりおねえさん)と、10人ほどの子どもたち。番組で使われるおもちゃ、パンチボールやニコちゃん風船、お馬のギャロップ、貼り付け式の着せ替え=お天気坊や?などは、デパートに行くたびにおねだりして買ってもらい、テレビの前で一緒に遊んだものです。

先生は、何代か変わったのですが、私の時代の先生が、今『情報ライブ ミヤネ屋』にコメンテーターとして出演されてる“うつみ宮土理さん”でした。子どものころあこがれだった、ロンパールームのみどり先生と40年の時を経て、同じ番組に出ているのが、不思議でなりません。

番組の最後には、みどり先生が魔法の鏡を取り出して、「鏡よ、鏡よ、鏡さん、みんなに会わせてくださいな、そ~っと会わせてくださいな」と言って、「たろう君、はなこちゃんのお顔が見えましたよ、あきらくん、よしこちゃん、じろうくん、よっちゃん、元気そうですね」などと、次々に子どもの名前を呼んでいくのです。日本中の良い子たちは、テレビの前で自分の名前が呼ばれるのを心待ちにしたものです。私も「こうじくん」と言ってほしくてほしくて・・・。これが、めったに呼ばれないのですが、呼ばれた時は大喜びした覚えがあります。

そんな名前を呼んでほしくてたまらなかった“みどり先生”から、直筆で私の名前を書いたバレンタインチョコをいただきました。この感動、当時、テレビの前で正座しながら名前を呼ばれるのを待っていた同世代のみなさんなら、わかってくれますよね。
うつみ宮土理

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | つぶやき | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<映画『チェンジリング』 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | ダチョウが人類を救う!?>>
この記事のコメント
#384 藤村さんだ!
藤村さん、長崎のテレビ局にもいらっしゃいましたよね。
学生の頃、いつも夕方のニュースで見ていました。
だんだん時間が合わなくて見れなくなったのですが、いつまでいらっしゃったんでしょうか。辞められたのを知りませんでした。

この前、質流れセールの特集見てびっくりしました。
懐かしく思いました。


2009-02-19 Thu 10:49 | URL | みつ #QXRaNfI.[ 内容変更] | top↑
#385 みつさん
コメントありがとうございます。
長崎から、出身地の関西に戻ってきて、丸2年になります。長崎は愛しき第二の故郷です。いつも、気になっています。コメント読みながら、久しぶりに訪ねてみたいなぁ~と思っています。
2009-02-20 Fri 20:31 | URL | 藤村幸司 #kCTSxNgQ[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/