FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
おめでとう!清峰高校
2009-04-02 Thu 19:22
先日のWBC決勝と違って、きょう『ミヤネ屋』の本番前に“その行方”を気にしていたのは、スタッフの中で私だけだったようです。第81回センバツ高校野球の決勝戦、長崎県代表の清峰と岩手県代表の花巻東による頂上決戦。第二の故郷、長崎県勢初の全国制覇なるか、私はもう、祈るような心境でした。 実況の音を上げていないので細かい展開は分かりませんでしたが、時折チェックする“ゼロ行進”のスコアボードを見るだけで、手に汗握る投手戦になっていることは明らかでした。

プロも注目する花巻東のサウスポー・菊池投手から貴重な1点をもぎ取り、守り通した清峰ナインは見事でした。かつては、ほとんど無名だった小さな町の県立高校が、ここ数年で全国の強豪チームへと変貌を遂げ、ついに頂点に立ったのです。私自身、取材したこともある清峰の優勝を知った瞬間は、こみあげるものがありました。清峰高校、そして長崎のみなさん、本当におめでとうございます。

一方、花巻東もあっぱれな戦いぶりでした。以前は、北国のチームは練習環境などにハンディがあって格下のイメージもありましたが、最近は北海道や東北のチームが実力をつけ、いかに強くなったかを思い知らされました。花巻東、夏の大会でも見てみたいチームです。あすからプロ野球が開幕します。大会の歴史にも残るきょうの決勝戦を戦った選手たちは、数年後、プロの世界で再び切磋琢磨することになるのでしょうか。

最近読んだ松下幸之助さんの本に、こんなことが書いてありました。高校野球の試合に、全国の何百万人という人が感動している。それは選手たちがみな、真剣であるから。勝っても泣き、負けても泣く“真剣味”が、人の心を動かすのだと。本業でもないスポーツに全身全霊を打ち込んでいる姿がそうなのだから、社会人の我々の仕事の面にも現れたなら、同じように天下の耳目を集中させることができるはずであると、語っています。仕事も商売も高校野球の精神で打ち込めば成功の道は開けるという“経営の神様”のことば。きょうは改めて、心にしみわたります。



別窓 | きょうの出来事 | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<奥飛騨慕情 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 久々の競艇場>>
この記事のコメント
#395 ありがとう!
凄い清峰!ありがとう清峰!私の勤務する病院の待合室は病院とは思えないほど、歓声と拍手で大盛り上がりでした。藤村さん!応援ありがとうございました。
2009-04-02 Thu 21:14 | URL | フック #-[ 内容変更] | top↑
#396 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-04-02 Thu 21:37 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/