FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
料理をおいしくする要素
2007-03-27 Tue 12:21
ノンフィクション作家・草柳大蔵さんによると、料理をおいしくする要素が3つあるそうです。第1に『シェフの腕前』、第2に『空腹』、そして第3は『会話』。なるほど、至極当たり前のことだけど、どれも欠かせないポイントですよね。昨夜、そんなことばを思い出し、さらに第4の要素も発見しました。

20070327121435.jpgNIB時代の友人たちと、先月オープンしたばかりの居酒屋に行ってきました。昼食が遅かったので第2の要素は欠けていたものの、『シェフの腕前』は二重丸、そして、気を使わずに済む仲間たちとの『会話』は、料理の味を数倍、おいしくしてくれました。

私も、ついこの間まではサラリーマン。居酒屋で、同僚や後輩たちと、会社に対する文句やグチを語ったものです。それはそれで、ストレス発散にもなっていたと思いますが、昨夜はグチは一切なし。みんな、将来の夢や、今熱中していることなど、前向きな話で盛り上がりました。すると、料理もお酒も、さらにおいしく味が変わるのです。草柳さんの料理をおいしくする要素の第3は『前向きな会話』としたほうが正確でしょう。料理がまずくなる会話もありますからね。

そして私が見つけた第4の要素とは・・・

『笑顔』です。

その店のスタッフは、注文を取りに来るときも料理を運んでくるときも、極上の笑顔で現れます。そんな活き活きした笑顔ですすめられたメニューは、とてもおいしそうに感じられますし、実際、飛び切りの笑顔で運ばれた料理は、さらにおいしく思うのです。笑顔から発する声は、パワーがありますし、こちらまで自然と笑顔になります。逆に、ふてくされたような表情で出された料理は、まずそうに感じたことがありますよね。

ぜひ、家庭でも料理を出すときは、満面の笑顔でやってみてください。

「あれ、きょうの料理はうまいね・・・」

と言われるはずです。

別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<なんてことない旅日記 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | お前は何様だ!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/