FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
ゲーセンにて
2009-04-15 Wed 15:43
先日、ミヤネ屋のスタッフたちと食事した後、たまたま通りかかったゲームセンターへ。久々のゲーセンでしたが、こう見えても、かつては「UFOキャッチャーの鬼」と言われた私。ずらりと並んだクレーンゲームに、腕が鳴ります。「こんなの、すぐ取れますよ」という皆からの声に乗せられて挑戦したのが『リラックマ』の抱き枕。ちょうど抱き枕が欲しいと思っていたので好都合です。
リラックマ

最近のクレーンゲームは景品が巨大化していて、直接取るのではなくて、代わりの箱を落として景品と交換してもらうというタイプが多いようで、リラックマの抱き枕は、DVDのトールケースのような箱を落とせばOK。3プレイ500円、まぁ、1000円もやれば取れるかなぁと思いつつ始めたのです。

まずは1回目。いきなり、アームが思い通りの場所に。「よし、腕は鈍っていないぞ!」

大きく箱を抱きかかえるアーム。ところが、思いのほか握力が弱い・・・そのため引っかからず、すべり落ちはしたものの、今にも落ちそうなくらいに動かすことができました。出だし好調、1000円どころか、500円でゲットできるかも・・・と思ったら、これが甘かった。

何度も何度も捕まえ動かしても、ずれはするものの、朝青龍もびっくりするほどの、土俵際の粘り腰を見せるDVDケース。1500円、2000円と、コインが吸い込まれていきます。なぜ落ちないか不思議なくらいに、見た目では落ちそうなのに、落ちません。「あと1回でゲットできそう」と思ってから、さらに1000円、2000円・・・。両替のペースも加速、そこまでして欲しかったわけでもないのですが、こうなったら後に引けなくなりました。店の思う壺。

その時ふと、クレーンゲームのガラスに、成功者の写真とともにメッセージが貼られているのが目が止まりました。「7000円もかけてやっと取れました」「やめといたほうがいいよ」「借金してしまいました」「二度としません」などなど、そこには先達たちからの貴重な忠告の数々が。あーー、先に見ておくべきだった。気づいた時には、時すでに遅し。
チャレンジ
結局、6000円めで、ようやくゲット。嬉しさと安堵と、ちょっとした後悔の混じった複雑な心境でした。そのときのようすを、一緒にいたYディレクターが詳細にデジカメに記録していたのですが、夢中で、撮られていることに気づかないほどでした。顔が必死です。
ゲット
ところで、ゲットしたのはいいものの、持って帰ることを忘れていました、これが、思いのほか

でかい!

のです。大きな袋に入れてもらっても、顔だけ飛び出ます。かわいらしいリラックマを抱えて、いい年のおじさんが電車に乗るのは、さすがに恥ずかしいもので・・・。
はずかし
そして、家に帰ってもうひとつ気づいたこと。リラックマって、頭と体が、あのバランスだからかわいいのですね。妙に胴の長いリラックマ。部屋の中で、ちょっと気持ち悪い存在です(泣)。みなさん、クレーンゲームはほどほどに。
抱き枕

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | きょうの出来事 | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<ウズウズしてきました | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 奥飛騨慕情>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
クローラークレーン
★憧れの【クロエバッグ】♪・・・・・・------★ 新色 新作 が大量入荷!!2009 春夏%OFFクロエ パディントン ハンドバッグ(モリスグリーン)7ES... クレーン事故被害者、恐怖の瞬間語る &lrm;8 &#26178;&#38291;&#21069;&lrm;14日、東京のマンション建設現場で …
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/