FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
圧巻!豊橋祇園祭
2009-07-21 Tue 03:31
花火を見て、感動で涙する・・・。そんなこと考えたこともありませんでしたが、実際にあるんです。場所は、愛知県豊橋市。そうです、去年、私が決死の覚悟で挑戦した“手筒花火”発祥の町です。あの時も、手筒をやり終え、協力してくれた西八町の皆さんに迎えられて泣いてしまったのですが、今回の涙はまた違います。
手筒挑戦

実は手筒花火は、毎年7月の第3金曜日から日曜日に行われている吉田神社の祭礼の初日(宵祭)の行事で、祭りは翌日も、翌々日も続くのです。去年、地元の皆さんからは「あした(2日目)もすごいから見物していけばいいのに」と勧められたのですが、仕事の予定があり、後ろ髪を引かれる思いで、手筒が終わったらすぐ新幹線に飛び乗ったのでした。

あれから1年、そのリベンジ?のため豊橋に戻りました。7月18日(土)、祭りの2日目(前夜祭)のメインは、1万2000発の打ち上げ花火が夜空をこがす花火大会。市内を流れる豊川の南側河畔には桟敷席が設けられ、すぐ目の前の北側河畔から打ち上げられます。さらに川にも水上舞台が浮かべられ、そこからも趣向を凝らした花火が上がります。桟敷席から打ち上げ場所の近さは、ほかの花火大会とは比べ物になりません。これは許可ギリギリのラインだとか。

爆音とともに目の前で打ち上がる花火。手筒花火とのコラボレーションもあれば、水上を金魚のように泳ぎまわる色とりどりの金魚花火や噴き上げ花火。「これでもか、これでもか」と言わんばかりに繰り広げられる様々な花火の競演。その迫力と言ったらありません。大げさではなく「生きててよかった」と思いました。そして関わった人たちの祭りへの熱い思いが、この花火に凝縮されたように感じて思わず涙・・・。画像は携帯で撮ったのでぱっとしませんが、実際は数百倍の美しさと迫力です。
花火

この花火大会のすごいところは、10万人を集める大イベントにも関わらず、ほとんどが吉田神社の氏子である町の皆さんが運営していること。花火の構成や製作、打ち上げ、スポンサー集め、さらには桟敷席の管理や案内、チケットの販売にいたるまで、前の日には手筒花火をあげていた人たちがやっているんです。

打ち上げ場所
今回は、西八町の皆さんのご厚意によって、その舞台裏も見せてもらいました。まずは、ヘルメット着用で打ち上げ場所へ。漂う独特の緊張感。もちろん、専門の花火師もいますが、地元の青年団が準備をし、打ち上げも行います。次々に打ち上げるのを「早打ち」と言うそうで、その様子を初めて見ました。真っ赤に熱した鎖を筒に入れ、そこに花火玉をテンポ良く落としていくのです。まるで、わんこそばをつぐように。でもコンマ何秒かのずれで、腕が飛んでしましそうな危険な技です。元来ビビリな私は、その爆音とともに、見ているだけで全身硬直状態でした。
鎖を焼く

川に浮かんだ舞台の上から仕掛け花火や手筒花火が上がるのも大きな見せ場のひとつ。そこに人や物を運ぶためにはモーターボートを使うのですが、それにも乗せていただきました。船の上から見る打ち上げ花火は格別。ファンタジーの世界でした。
噴射

花火大会の花火って、バンバン打ち上がったと思ったら、しばらく間が空いて、また上がる・・・を繰り返すのがほとんどですが、ここのは、ほぼ常に上がっているような気がしました。バリエーションも豊富で2時間飽きさせません。それら1万2000発の打ち上げを、一番高い場所にある本部席から無線で指示していたのが、去年、私に手筒を指導してくれた荒川さん。今年から全体の責任者になられたのです。打ち上げ場所の準備状態はもちろん、場内のナレーションや音楽に合わせたり、上空の風や煙の様子を見て打ち上げのタイミングを指示していくのです。

西八
手筒花火では上げるポーズがかっこよく、私も秘かにお手本にしていた藤倉さんは、花火大会では全体の桟敷担当。入場者への案内や出入り口の確認、警備の警察官との連携など、テキパキ指示していて、手筒がなくても、やっぱり決まってました。このほかにも、町の青年団中心にした、文字通り手づくりの祭りです。存続していくのは並大抵のことではないと思いますが、すばらしい伝統がいつまでも続くよう、心から願い応援します。まだ、この花火大会を知らないという皆さん、来年はぜひどうぞ、おすすめです。そうそう、3日目こそが祇園祭の例祭でした。ことし見られなかったので、来年は3日間フルコースで行けたらいいなぁ・・・

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | きょうの出来事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<日食ウォッチングin動物園 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | イケメン海女は、中身も男前>>
この記事のコメント
#423
藤村サンが、リベンジ(笑)
来て下さった事が、私達にとって最高な事でしたv-222v-411

藤村サンは、もう立派な『西八青年団』の一員です(笑)
来年も、お会い出来る事を願ってますv-343

TVで応援してますv-352
お身体お気を付けて下さい♪

2009-07-21 Tue 19:54 | URL | 西八最高♪ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/