FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
今度こそ核のない世界へ
2009-10-10 Sat 04:59
ノーベル平和賞にオバマ大統領が決まりました。正直、「言っただけ」「まだ、何も形になっていないのに?」という疑問もあります。長崎と広島には、それこそ長年コツコツと地道な平和活動を続けている個人や団体があります。私は長崎にいたころ、取材を通して、また生活の中で、さまざまな活動に触れ、その方たちこそ受賞すべきだとの思いがあるからです。長崎の被爆者で、平和活動の草分けとなった山口仙二さんも、かつて平和賞の候補にだけは名前があがっていました。

とは言え、今年4月のプラハ演説に衝撃を感じたのも事実。“あの”アメリカが、核兵器を使った唯一の国として自らの道義的責任を認め「核のない世界に向け行動する」と宣言したのですから。これこそ“チェンジ!”を強烈に印象付けました。先月の国連安全保障理事会では、議長として、核兵器全廃に向けた決議をリードしたアメリカ。「被爆地の長年の思いが実現する時がいよいよ来たか」と期待が高まります。このノーベル平和賞が、プラハ宣言の実現を強く促す意味があるのだとしたら、受賞は歴史的な価値のあるものになるかもしれません。また、必ずそうでなければいけません。来年の核拡散防止条約(NPT)の再検討会議で、日本もリーダーシップを取って一気にケリをつけてほしいです。

被爆地からずっと訴え続けたことは、なかなか世界に届かなかったのに、アメリカの大統領がひとこと発言しただけで、世界は核廃絶の流れになっていることに、ちょっぴり複雑な気持ちがないわけでもありません。でも、これもそれもヒロシマ・ナガサキの地道な活動があってこそだとも思います。一日も早く、被爆者の方々に「核兵器のない世界」を見てもらいたい。そのためにも、オバマ大統領には、ぜひ長崎と広島の地に立って、何かを感じてほしいと思うのです。それと、賞金の1億2700万円、平和のために使ってほしいなぁ・・・

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』


別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<これは他人事ではない! | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 成長したナックル姫、さらなる飛躍を!>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/