FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
税金明細を片手に・・・
2007-02-15 Thu 00:26
税金、年金、雇用保険に健康保険、・・・会社を辞めると、今まで会社がやってくれていた手続きは全部自分でしなければなりません。「税金は給料天引き」に慣れている私のような元サラリーマンにとっては、これがけっこうわずらわしい。でも逆に言えば、これまで納税意識が、薄すぎたのかもしれません。

きょう、前の会社から『住民税の金額変更届け』なる書類が送られてきました。改めて自分がこれから払うべき税金の額を見て、あ然・・・。むちゃくちゃ高すぎ!「収入なくなったのに、税金ってこんなに納めなければならないんだ」と今さらながら肩を落としました。

私たちは、行政サービスの対価として税金を納めているはずですが、はたして払った分だけの満足度があるでしょうか?必要な公共事業にはお金を使うのは当然、そして働いて稼げる層が、子どもやお年寄りを支えるのも当然。納税は国民の義務ですから。でも、「事務所費にしておけば領収書が要らない」といって架空の経費を請求したり、「なんにでも使える裏金」をプールしたりと、いいかげんな使われ方は絶対に許してはなりません。

納めた税金が、適切かつ有効に、そして公平に使われているなら、もっと、われわれの税負担は軽くなるはずです。かつて私が取材した大手ゼネコンの関係者が「純粋な工事だけなら、本来の事業費の数分の1でできる。それ以外の裏の経費を上乗せしているから公共事業は高くなる」と言っていたのを思いだします。

今後、ますます年金、医療、介護など社会保障の国民負担も増えていきます。
天引きに慣れている皆さん、税金の明細を今一度見てみてください。まずはこれが第一歩です。そして明細片手に国会中継を見てください。お上は、納税者が気づかないうちに、税金を集められたほうが楽なんですから。


20070214214528.jpg
通知書の裏に書いてある税額計算方法も見にくい



別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<アナウンサー人生の原点? | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 関根勤さんを見習え>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/