FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
舞台は楽し~ファニー・ガール&残念なニュース
2010-01-28 Thu 12:11
ファニー・ガール
昨夜は、ミュージカル『ファニー・ガール』大阪公演の初日に行ってきました。20世紀のはじめにアメリカで活躍した喜劇女優、ファニー・ブライスの半生を描いたミュージカルで、1968年の同名映画では、主演のバーブラ・ストライサンドがアカデミー賞主演女優賞を受賞しています。今回の舞台で主役のファニーを演じるのは、元宝塚歌劇団・花組男役トップの春野寿美礼さん。去年、退団後初の主演ミュージカルとなった『マルグリット』をスケジュールの都合で見逃している私は、これが“初春野”でしたが、いやはや、舞台映えするとは、こんなことを言うのでしょう。これでもか!というくらいの大きな目!口!鼻!彼女が登場するだけで、舞台が華やかになります。

一方、わきを固める出演陣は、舞台ファンにはおなじみの面々。ファニーに恋心を寄せながら、彼女を支え励まし続ける振付師、エディ・ライアンには劇団☆新感線の橋本じゅんさん。シリアスな展開の中に、笑いとやすらぎを与え、客席まで巻き込んでしまう重要な役です。春野さんと橋本さんのからみの部分は、伝説になるかもしれないくらいはじけていました。ファニーの母親、ブライス夫人を演じるのが、こちらも元宝塚月組トップの剣幸さん。退団後の彼女の舞台も数多く見ていますが、これまでと一味違う役どころの母親役も決まっています。歌もうまいし、ほんと、かっこいい女性が似合う女優さんです。ファニーがとりこになる賭博師のニックには青年座の綱島郷太郎さん、 そしてどこにでもいる世話焼きのおばちゃん、ストラコシュ夫人の田中利花さんの存在が作品のスパイスとなって効いています。

全体的な印象では、ストーリー展開や演出、楽曲など、こじんまりしたミュージカル作品という感じは拭えませんが、第一次世界大戦前後という時代背景を考えながら見ると、こんなに心のまま、ストレートな女性の生き方のすごさと魅力を味わえると思います。決して大作ではありませんが良作です。

と、ここまでできょうのブログは終わるはずでしたが、この話を書かない訳にはいかなくなりました。『ファニー・ガール』を観終わって劇場を出たら、九州の友人から携帯が鳴りました。

「シティ劇場から四季が撤退するって・・・」

ついに心配していたことが現実になってしまったと思いました。そういえば、今観てきた『ファニー・ガール』も、空席が目立っていました。このご時世ですから、1万円以上するミュージカルに頻繁に行ける人は少ないはず。三度の飯よりミュージカルという私でも、最近は厳選するようになりましたし。

シティ劇場とは、福岡市にある劇団四季の常設専用劇場『福岡シティ劇場』のこと。全国に専用劇場を展開する四季ですが、ここが九州では唯一の常設劇場でした。これまでにも、たびたび存続危機説はあって、一ファンとして応援できることは限られていますが、なるべくシティ劇場に足を運ぶようにしていただけに、非常に残念です。

浅利慶太代表が会見で明らかにした理由はズバリ「観客動員の不振」とのこと。その中で「2007年5月に開幕しました『マンマ・ミーア!』が予想外の不振となり、大阪での25ヶ月のロングラン公演 来場者数68万人、名古屋での12ヶ月 24万人に比べ、福岡は5ヶ月10万人に終わり、この年の動員数は15万人を割り込みました」と説明していらっしゃいます。これについては、私は2007年9月26日のブログで書いたとおり、原因は作品の質でも、宣伝の方法でも、ましてや九州人の演劇への熱意でもないと思っています。

やはり作品のクオリティなのです。四季のミュージカルの完成度は間違いなく日本のトップクラスですが、各地で専用劇場を増やし、演目を増やす中、残念に感じる公演に遭遇することもでてきました。浅利代表は「2011年春に向け再開を検討する」とも語っています。これには大いに期待したいと思います。しっかりパワーをためて、九州に帰ってきてほしいと願います。九州にミュージカル文化を根付かせたシティ劇場復活のためにも。そのときは、何をおいても飛んで行きますから。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:1 | top↑
<<写真でつづる沖縄旅日記(2) | アナウンサー・藤村幸司BLOG | ゼロベースなんてありえない>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
ザ・タカラヅカIV 雪組特集 (タカラヅカMOOK)宝塚ムック阪急コミュニケーシ... …
2010-01-28 Thu 20:05 得アマゾン情報局
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/