FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
むちゃくちゃ緊張しました
2010-02-25 Thu 23:55
きょうは、『情報ライブ ミヤネ屋』でパネルコーナーを担当。フィギュアスケートにおける選手とコーチの複雑な関係を相関図を使って解説しました。そんな私の出番は番組前半に終わって、スタッフルームで弁当を食べながら、その後の放送をチェックしていたのです。後半には、蘇民祭のリポートを放送するというので・・・。

そうです。 岩手県奥州市の黒石寺で毎年行われる「裸の男と炎のまつり」.蘇民祭。1年前、私が体験取材をした超過酷な奇祭です。去年、スタジオでのリポートの際、「来年は土日開催なので宮根さん、参加できますよ」と振って、コーナーが終わったのです。ところがCM明けで、再び宮根さんに呼び出され、「どっちが行くか、ジャンケンしよう」という無茶振りをされたのでした。結局、私が勝って宮根さんが参加することになったはず!だったのですが・・・。

去年9月にTUBEのライブに出演し、じん帯を損傷している宮根さん。私の知らぬ間に、名代(みょうだい)として読売テレビの五十嵐アナを立てていたのです。よって、きょうの放送は五十嵐アナの蘇民祭リポート。私は、弁当片手に「あー、ここが寒くて大変だった」とか「わかる、わかる」などと言いながら、視聴者気分でテレビを見ていたのです。すると、スタッフがあわててやってきました。「宮根さんが呼んでます。スタジオにお願いします」と・・・。

いやな予感がしました。行きたくありませんでした。宮根誠司の“悪魔の微笑み”が頭をよぎりました。案の定、スタジオに戻ると、本来、自分が行くことになっていた話は完全に棚に上げて「来年、誰が行くかジャンケンしよう」と言いだす宮根さん。五十嵐アナに、ゲストの岩本勉さんも加わって4人で、来年の参加者を決めるはめになりました。まず、五十嵐アナ、岩本さんが勝ち、またもや私と宮根さんの一騎打ち。この時、どれほど緊張したことか。テレビの本番でも、なかなかドキドキすることがないのに、このときばかりは心臓が飛び出るくらいに、体が震えました。

でも、天はちゃんと見ていてくれました。結果は、またしても宮根さんの負け。宮根さん、来年こそ参加してくださいね。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | きょうの出来事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<宮根さんと梅沢劇団に大拍手を! | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 舞台は楽し~Garantido ガランチード -生きた証->>
この記事のコメント
#1188
きゃー ドキドキが私にも伝わってきちゃいました
よかったですね 負けないで
TVのお仕事も大変なんですね
応援してます^^
2010-03-12 Fri 11:48 | URL | ひぃ♪ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/