FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
ぬるい会議で、熱かったのは・・・
2010-05-30 Sun 19:57
気がついたら今年も5か月が終わろうとしています。そして、これほど注目されたことがないであろう“5月末”を迎えました。鳩山総理が繰り返し表明した米軍普天間基地移設問題の決着タイムリミット。「最低でも県外」という約束も結局ほごにされ、「移設先は名護市辺野古周辺」と記された日米の共同声明が発表されました。全部が振り出し。誰もが言うように、今までの騒動は何だったんでしょう。

新しい何かを始めたり、作りだす前に乗り越えなければならない困難を「生みの苦しみ」と言いますが、はたしてこの混乱がそうなるのでしょうか。5年後、10年後に「あの8か月があったからこそ、今につながった」と言えるのでしょうか。このまま自民党時代の辺野古移設で落ち着いたなら、単に意味のない迷走期間にしかなりません。そうしないためにも、これからこそが正念場だと思うのです。

先日、鳩山総理の呼びかけで全国の知事が集まりました。総理をはじめ、主要閣僚勢ぞろい。私も取材で、すべてのやり取りを聞いたのですが、「解決の道は相当に険しい」ことを改めて思い知らされました。沖縄の負担を減らさなければならないと思っているのは、どこの知事も同じこと。ただ自分のところで受け入れるかと言えば、まったく別の話になります。地元住民の安全を守るために、基地分散移転に消極的な知事が多いことには理解できますが、沖縄に配慮を見せつつ、自分のところには来てもらってはこまるという、“および腰”な発言にも聞こえました。

そんな中で、ただ一人だけ気を吐いたのが大阪府の橋下知事。「大阪のように基地を受け入れていないところは、安全のタダ乗りしているのだから、できるだけのことはしたい」とし、さらに「今すぐできなかったら、大阪府民の代表として、謝りに行きたい」とまで発言しました。明らかにほかの知事たちは冷ややかな表情でしたが、それでも橋下知事はひとり熱かった。その勢いで、「大阪府の知事だが、移転先が関西だというなら、私が走り回ることができる。方針が出ればご指示をいただきたい」とまで発言したのです。実はこの日、近畿の知事で出席したのは橋下知事だけ。ほかの知事たちは、表向きは日程の都合としながら、「外交・防衛は国の問題」という思いがあって欠席していたというのも、この橋下発言の背景にありました。

案の定と言うか、会議終了後、ほかの近畿の県からは反発が出ました。「関西のトップでもはない橋下知事が何を・・・」というのです。ごもっともですが、要するに「巻き込まれたくない」というのが本音でしょう。正直、私も会議を傍聴していて「橋下さん、飛ばしすぎ」と感じたんですが、全国のトップが集まったわりには会議全体の“ぬるい”感じでは、いつまでやっても、問題解決の糸口すら見えない気がしました。橋下さんをパフォーマンスと批判するのは簡単ですが、取り組む真剣さは、まちがいなく飛びぬけていました。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | きょうの出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<菅総理、今度こそ | アナウンサー・藤村幸司BLOG | お寺でジャズ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/