FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
舞台は楽し~『サウンド・オブ・ミュージック』予習
2010-09-30 Thu 00:00
今でこそ自他ともに認める“ミュージカル好き”の私ですが、実は初めての出会いは最悪!だったのです。それは小学生の時、学校の体育館で見せられた映画『サウンド・オブ・ミュージック』でした。1965年第38回アカデミー賞では10部門にノミネート、作品賞をはじめ、監督賞、ミュージカル映画音楽賞、音響賞、編集賞の5部門に輝いたミュージカル映画の傑作中の傑作ですが、子どもの私には退屈で仕方なかったことだけが強烈な印象として残っています。3時間近い長さ、冷たく硬い体育館の床に体育座りしての鑑賞、吹き替え版だったのですが、セリフは日本語なのに歌い始めると突然、英語に変わる違和感、舞台がオーストリア、時代はナチス・ドイツによるオーストリア併合のころという身近でない設定などが小学生の私に「ミュージカルは退屈」というイメージを植え付けてしましました。その後、芝居好きが高じて、いつの間にかミュージカルの魅力に、どっぷりはまってしまったのですが、それでもあの日の印象が強い『サウンド・オブ・ミュージック』だけは避けて通ってきました。

しかし・・・

ほぼ40年ぶりに映画『サウンド・オブ・ミュージック』を観てみました。と言うのも、近々、劇団四季が上演中の同作に行く予定にしていて、その予習として観ておこうと思ったのです。四季の舞台はほぼ全て観劇している私としては、作品の好き嫌いは別にして一度はチェックしておこうというわけです。舞台版の『サウンド・オブ・ミュージック』と言えば、東宝制作の大地真央さん主演のものが有名で、四季版の制作発表があった時には「今さら四季がなぜ?」と思ったのですが、これは『キャッツ』や『オペラ座の怪人』の作曲で知られるアンドリュー・ロイド=ウェバーのプロデュースによって2006年ロンドンで開幕した新ヴァージョンだとか。その観劇リポートは、後日アップすることとして、映画版ですが…。

「えっ、こんなにおもしろい映画だったっけ」

というのが正直な感想。長年、偏見を持ち続けたことに大反省した次第です。とにかくマリアを演じるジュリー・アンドリュースがかわいいのなんの。ショートカットの金髪、屈託のない笑顔、サザエさんを彷彿とさせる?大股で歩く姿・・・、チャーミングかつコミカルな彼女の魅力が映画を引っ張ります。そしてオーストリア・ザルツブルグの美しいと街並みとアルプスの自然、言うまでもなく今やスタンダードとなった名曲の数々がすばらしい。耳慣れたメロディに「これもサウンドオブミュージックだったんだ」という発見もあって、3時間あっという間です。今回、完全日本語吹き替え版のDVDを観たので、歌もセリフも日本語で違和感もなし(マリアの歌の吹き替えは島田歌穂さん)。

この作品、舞台版がアメリカで初演されたのが1959年、その6年後に映画版が公開されているので、もう45年も前の作品なわけですが、まったく古さを感じさせません。不朽の名作とはこんなことを言うのでしょう。特に今年は45周年記念で初めてブルーレイ化されたHDニューマスター版が12月3日に発売されるそうです。ディスクには、初収録となる6時間の貴重映像を含む、12時間の特典が収録されていて、3,000セット限定の夢の豪華コレクターズボックスも同時発売されるとか。『サウンド・オブ・ミュージック』ファンならずとも、ミュージカルに抵抗感のある方も観てみて損はありません。ちなみに、あすはジュリー・アンドリュースの75歳の誕生日です(1935年10月1日生まれ)。



公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<日付をまたいだ取材で | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 102歳の乙女>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/