FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
役者魂
2010-11-17 Wed 18:45
博多座・松平健
きのう、福岡・博多座で『松平健主演・忠臣蔵』を観ました。妻で元女優の松本友里さんの悲しいニュースの翌日であり、開催自体が危ぶまれた公演。でも“役者・松平健”は堂々と舞台に立ち、最後まで“松平健”を貫き通しました。この騒ぎの中、いい芝居を見せることが、松平さんのファンへのメッセージだった気がします。ショーの1部にあたる忠臣蔵、松平さん演じる大石内蔵助が仇討ちの決意を固め、妻であるおりく(紺野美沙子さん)と別れるシーンで、おりくの背中を目で追いながら内蔵助が「世話になったな・・・」とつぶやくのですが、なんだか友里さんへのことばにも聞こえて、会場は涙に包まれました。ただ、それは私の深読みにすぎません。しんみりするシーンあり、見せ場の立ち回りありと、お客さんは存分に芝居の世界=松平ワールドに酔いしれたはずです。

2部の歌謡ショーは、おなじみ“金ピカ”の衣装に身を包んだ『マツケンサンバ』など、ど派手でパワフルなパフォーマンス。開演前に「訃報のあとで心から楽しめるかしら」と話していたお客さんの心配も吹っ飛んだはずです。松平さんの軽快な踊りと歌に、会場全体が熱くなりました。ファンの皆さんの「いつも以上に盛り上げて健さんを励ましたい」という思いがあったことも、間違いありません。最後にファンへ語りかけた松平さん。「皆さんの拍手に力をもらえます」とお礼を述べましたが、今回の訃報についてのコメントはありませんでした。ファンの中には「健さんの口から直接聞きたかった」と言う方もいらっしゃいましたが、この公演を観劇していた落語家の桂文福さんは私にこう言いました。「夢を売る舞台人として、私生活のことは語らず、逆にお客さんを笑わせ、楽しませる健さんに、さすがだと思った。自分にはできない。これぞ役者魂だ」と。

生身の役者が、さまざまな人生を抱えながらも、心ひとつに舞台を作り上げていくからこそ、芝居ってこんなにも感動できるのだと思います。役者・松平健と、脇を固める出演者の皆さんが魂を込め熱演している舞台『松平健主演・忠臣蔵』は、今月いっぱい博多座で公演中です。松平さんの役者魂にエールを・・・。

博多座11月公演『松平健主演・忠臣蔵』
大石内蔵助…松平健  大石りく…紺野美沙子
八助…園田裕久  堀部安兵衛…伊吹剛
堀内右衛門…瀬川菊之丞  おしの…紫とも
瑤泉院…森ほさち  大石松之丞、主税…崎本大海
小野寺十内…内山恵司  戸田局…長谷川稀世

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<最高級ボジョレの味は・・・ | アナウンサー・藤村幸司BLOG | レ・ミゼラブル25周年記念コンサート>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/