FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
震災3週間、前を向いて・・・
2011-03-31 Thu 16:16
大地震から3週間。日に日に犠牲者の数が増えていきます。そしてまだ行方が分からない方が数多くいて、亡くなった方、倒壊した建物の数すらつかめな状況が続いています。今はただ、亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、被災された方々の心身共の健康を願うばかりです。

地震発生の翌日に被災地に入りました。見渡す限り、どこまでも続く悲惨な光景。さまざまな災害現場を取材してきましたが、どれとも比較にならないほどのひどさ。原爆を投下された直後のヒロシマ・ナガサキを連想させるほど壊滅した町。喋って伝えることを生業(なりわい)としていながら、何をどう言えばいいのか、ことばが出ませんでした。

人知を超えた大災害、取材を重ねるうちに、ますます自然の前に人間の無力さを感じたのですが、一方で被災地には懸命に生きようと闘う人々の姿があります。自らも被災しながら炊き出しのボランティアをしていた男性は、親族を探すため遺体安置所を回ったそうで、「どの遺体からも無念が伝わってきた。苦しかったし、辛かっただろう。自分がきょう死ぬとは誰も思っていなかったはず。どんなに悔しかっただろう。だから私たちは犠牲者の分まで生きなければならない責任がある」と話してくれました。寒い体育館に避難していて持病の足の痛みに耐える80代の女性は「私のような年寄りが生き残ってしまった。若い人たちに世話をかけ申し訳ない。でも生かされた命なら、一生懸命生きないとバチが当たる。頑張ります」と笑顔でおっしゃいました。

こんな状況の中、必死に前を向いて歩こうとしている皆さんに対して、たまたま被災しなかっただけの我々がしなければいけないことは数え切れません。他人事ではなく、自分のこととして被災地を案じている方も多いと思います。でも、まだまだモノも人も足りません。私はこれまで、日本はモノが余り、情報があふれていると思っていましたが、現地にいると、どちらもまったく届かないことに愕然としました。物資不足は、少しずつ改善されているとはいうものの、必要な人に必要な量が、定期的に届く状況にはなっていません。避難所によって、ある所とない所の環境の差も目立ってきました。また物資によっては余っているモノもあり、支援する側にも情報が足りないのも原因です。集めて配る一元管理するシステムが待たれます。足りない人手も、ボランティアの受け入れ態勢の問題で本格的に解消する見通しはありません。そうしているうちに、肉体的にも精神的にも避難所生活はどんどん限界にきています。前を見て生きようとしている被災者のために、今こそ日本中からさらなる力を貸してください。がんばろう日本!
日本赤十字社・募金サイト

仙台市若林区
仙台市若林区

石巻市
石巻市

牡鹿半島
牡鹿半島

女川町
女川町

南三陸町防災対策庁舎
南三陸町防災対策庁舎

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<東京スカイツリーを眺めて | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 被災地に力を結集してください>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/