FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
ミュージカル『レ・ミゼラブル』SPキャスト
2011-06-02 Thu 22:35
10回、20回、30回・・・幾度も観劇し、ストーリーも、曲も頭にこびりついているはずなのに、またもやここまで心を揺さぶられるのは何故なのか、観る度に“泣き所”が違うのはどうしてなのか。まさに「不朽の名作」と呼ぶにふさわしいミュージカルが『レ・ミゼラブル』です。おそらく私自身も一生、観続ける作品だと思っていますが、現在上演中の帝劇公演に付いたサブタイトルが「さよなら レ・ミゼラブル」。さよなら・・・に一瞬、“レミゼ”ファンはギョッとしたはずです。
100レミゼポスター
といっても、レ・ミゼラブルが終わってしまうわけではありません。ジョン・ケアードによる演出バージョンが最後なのです。ロンドン初演から25年あまり、帝劇での日本初公演から24年を迎えたレ・ミゼラブルは、25周年を機会にプロデューサーのキャメロン・マッキントッシュが新しい演出によるレ・ミゼラブルを制作、これからの四半世紀はそちらを上演することになったのだそうです。そうなると新しいレミゼが気になるところですが、ジョン・ケアード版は初演以来のオリジナル演出。慣れ親しんだレミゼが今回の千秋楽(今月12日・2572回)で見納めとなるというのはファンとしては複雑です。
帝劇ロビー
その『レ・ミゼラブル』は、帝国劇場開場100周年の記念公演でもあります。レミゼ2000回(05年)、レミゼ20周年(07年)など、記念公演ではおなじみになってきたスペシャルキャスト版に先日、行ってきました。鹿賀丈史さん、岩崎宏美さん、島田歌穂さん、林アキラさん、斎藤晴彦さんという1987年初演メンバーに加え、別所哲也さん、石川禅さん、岡幸二郎さんら、レミゼの歴史を作ってきた役者さんたちがズラリ。加えて初演以来のレミゼ復帰となる鳳蘭さん、ミュージカル初出演で通常版にも出演中の加藤清史郎くんまでいるのですから超・超豪華。

有名キャストが揃っただけではありません。作品の仕上がりが実に、素晴らしかったです。我々アナウンサーは「原稿を“読む”のではなく“語る”」ことを心がけていますが、スペシャルキャストの役者さんはミュージカルナンバーを歌っているのではなく、語っていることを実感できました。旋律に乗ったひとこと、ひとことが心に染み入ってきます。特にファンテーヌ役の岩崎宏美さんの歌唱力は今さら言うまでもありませんが、時に強く、時に優しく、切なく寂しげで、そしてかわいらしさまで表現していて圧倒されました。ロビーには出演者からの手書きメッセージが掲げられていますが、岩崎さんのそれには「心を歌にのせて捧げます」とあります。その通りの演技でした。
岩崎宏美
通常版では主人公を追うジャベールを演じる石川禅さんは、革命を志す学生・マリウス役。実年齢を考えると学生役はつらいところですが、これがベテランの安定感を見せながら、若者の青さ、ういういしさ、危うさが絶妙なのです。「♪カフェソング」は泣かせます。同じく通常版でジャベールの岡幸二郎さんは学生のリーダー・アンジョルラス。これまで多くの役者が演じましたが、背が高くて声が響く岡アンジョはまさに当たり役。若いキャストたちによるレミゼもいいのですが、ベテランたちが揃うと締まります。

そうそうたるスペシャルキャストを相手に主役ジャンバルジャンを演じる別所哲也さん(今井清隆さんとのWキャスト)。20代のはじめにレミゼ日本初演を観たのが役者を志したきっかけだというだけあって、繊細な演技から感じる思い入れは特別です。この人のバルジャンは03年以来、観るたびに深みが増していて、いま円熟期に入りつつある気がします。広い舞台を小さな体で駆け回る清史郎くんも魅せています。彼の演じる少年・ガブロッシュは命がけで集めた銃弾の入ったカバンを、砦の上にいる学生に投げるシーンがあります。前を向いたまま後ろに大きなカバンを投げるので、届くのは難しく、これまでの私の観劇の中で受け取ってもらった確率は45パーセントほど(適当)。それが私が観た回は清史郎くんのカバンはドンピシャ。またそのあと死んでいくシーンは大人顔負け。ここまでガブロッシュに注目したことはなかったのですが、目立たないところでも細かい演技が盛りだくさんで満喫しました。
かとうせいしろう
そんな感動いっぱいの『レ・ミゼラブル』オリジナル演出版も、あと10日。気持ちは残り全部行きたいくらいですが、当然そんなことは叶わず、私の観劇はあと1回となりました。しっかり心に焼き付けてきます。



公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<20年目の6・3(ロクテンサン) | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 横尾忠則いまどうしてる?西脇展>>
この記事のコメント
#1268 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-06-13 Mon 00:27 | | #[ 内容変更] | top↑
#1269 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-06-16 Thu 01:04 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/