FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
心に染み入る贈り物ふたつ
2007-04-11 Wed 12:36
私は、人にプレゼントするのも好きですが,やっぱりプレゼントされるのは、もっとうれしいものです。そして、贈る人の心がこもっていると、これはもうウルウルもの。きのう、そんな素敵な贈り物をいただきました。

ひとつは、この花束。

070411_005628.jpg


くれたのは若い男性カメラマンです。現場では数多くの厳しいことも言ったけれど、それに応えて、ぐんぐん腕を上げた頼もしい仲間。昨夜遅く、仕事が終わった後に、わざわざ訪ねてくれたのです。

普段、花屋さんなど行きそうにもない彼が、店員に私のイメージを一生懸命伝え、心を込めて選んでくれただけでも感動しましたが、抱えるのも大変なほど立派な花束にそっと添えられた自筆のメッセージ。

「熱い人生を」

いよっ!男前・・・と言いたくなる、にくい贈り物です。

そして、もうひとつは、こちらの土鈴。

070411_104822.jpg


といっても、そのへんの土鈴とは、訳が違います。長崎くんちの出し物のひとつ、御座船をデザインしたものです。私は長崎に住んで、この町のすばらしさは、長崎くんちを通した地域の強いつながりにあると思っています。中でも、私をくんちの仲間として受け入れてくれたのが、本古川町。その出し物が御座船なのです。

これを贈ってくれたのは、私のそんな思いを知っている、前の会社の女性スタッフ二人。以前から、店頭に飾ってあった御座船を見て、私のことを思い出してくれていたというんですから、うれしい限り。「プレゼントは相手の顔を思い出して選べ」とは、よく言われるものの、なかなかぴったりのものを見つけるのは大変なことです。やはり普段から、どれだけ相手のことを見ているかが、いい贈り物をするコツだということも教えられました。何より心のこもったプレゼント、ありがとう。

それにしても自分は本当に、果報者です。これまでお世話になった皆さんには、いくら感謝してもたりません。どうお返しができるかわかりませんが、これからの生き方を見ていただくほかありません。

改めて、感謝。

別窓 | つぶやき | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<引越し | アナウンサー・藤村幸司BLOG | “やらせ”か、“演出”か>>
この記事のコメント
#37 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-04-12 Thu 05:27 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/