藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
好ゲームの後で、残念な出来事
2011-07-31 Sun 23:51
なでしこ旋風は衰える気配なく、まだまだ吹き荒れています。先週、ジェフ千葉との対戦で観客動員1万7812人を数え、リーグ記録を塗り替えたばかりのアイナック神戸。きょうは神戸ユニバー記念競技場で、宮間あや選手を擁する岡山湯郷ベルを迎えての一戦でした。午後3時キックオフにも関わらず、朝早くから観客の出足が早く、午前中からグッズ売り場に長蛇の列。もう記録更新ムードいっぱいの中、発表された観客数が、なんと2万1236人!あっさり史上最高を記録を更新しました。
スタンドぎっしり
取材をしていると、数の増加だけでなく、観客層がますます広がっていることを実感します。73歳の女性は、先週の千葉戦をスタジアムで見てすっかりファンになり、きょうは82歳のおばあちゃんと観戦に来たそうです。「にわかファンです」と言いながらも、なでしこたちへの熱い思いはしっかり伝わってきました。これまでもっぱら野球談議に花を咲かせていたおじさんたちも、初めての観戦ながらも、女子サッカーの専門家のように解説に力が入ります。一方、サッカー少女たちの姿も目立ちました。彼女たちは、以前からアイナックの試合や練習に足を運んでいて、選手たちとは顔なじみなんだとか。「気軽にサインしてくれる」「握手とかも普通にできる」中には「選手に遊んでもらったりした」という子まで。ところがワールドカップ以降は、ギャラリーが急増して近づくこともままならない状況だそうです。「お姉ちゃんたちの人気が出るのはうれしいけど、寂しい」と言うのは偽らざる気持ちでしょう。
マスコミぎっしり
試合は、序盤から湯郷ベルが宮間選手を中心に攻め続け、アイナック神戸は思わぬ苦戦。リズムがつかめないまま、前半21分、ベルに先制点を許し、これが今季初めての失点。しかし30分、コーナーキックから田中明日菜選手がヘディングで押し込み同点とし、前半を終了すると、後半はアイナックのキャプテン・川澄奈穂美選手からのパスを韓国代表チ・ソヨン選手が決めるパターンで2点を追加。結局、アイナックが3対1でベルを下し無敗を守り、リーグトップを走ります。
inac勝利
熱戦を堪能しましたが実は、試合終了後、残念に感じることがありました。スタジアムを出る選手たちをサポーターが見送るのはいつもの光景ですが、なでしこフィーバーの過熱に比例してますます厳しくなるのが警備態勢。選手がバスに乗り込む瞬間さえ見えないところまで規制が敷かれ、その前をびっくりするほどの数の警察官と警備員がズラリ並んで、がっちりガードしているのです。「強力なディフェンス陣」などと笑えないくらい物々しい雰囲気。「押さないでください」「危険です」と拡声器で、あっちからもこっちから怒鳴る警察官と警備員に違和感を覚えるほど、その前に並んだサポーターたちの行儀のいいことといったらありません。押すことも、割り込むことも、大声を出すこともなく、静かにひたすら待っています。「座って」と言われれば腰を下ろし、「下って」と言われればスペースを空けます。それもこれも、いいプレーを見せてくれた選手たちに声援を送りたい、手を振りたいという純粋な気持ちがあるからこそだと思うのです。
厳重警戒
先に出たベルの選手たちがバスの中から手を振って、サポータt-たちに応えます。わざわざ反対側の座席から移動して手を振る選手もいます。「この気遣いが、なでしこの魅力だね」などと話していたら、警察官が「(アイナックの)バスは窓のカーテンを閉めて、そのまま道路に出て、選手が見えない可能性があります」と、繰り返しアナウンスするようになりました。2時間近く待っていた子どもたちの中には、あきらめて帰る子も・・・。そして、ようやく選手が乗り込んだバスが、サポーターの前を通ります。そうは言っても、誰もがカーテンを開けてくれると信じてて手を振りました。いつもサービス精神旺盛で、ファンを大切にしてくれるアイナックの選手を知っているから。ところがスモークの窓の奥はカーテンが隙間なく閉めきられたまま、あっという間に立ち去ってしまいました。選手たちはいつも「ファンを大事にしたい」と思っています。おそらくカーテンも、窓も開けて、手を振りたかったし声もかけたかったに違いありません。それを危険だと判断した警備体制の判断だったのでしょうが、これには、はなはだ疑問を感じます。
こっちも厳戒
ふと「人気が出てうれしいけど、寂しい」と言った子どもたちの言葉を思い出しました。決して危険があってはいけません。しかしあれだけ整然と待っていたサポーターたちの前ですら、カーテンを開けることも許さない警備は、サポーターにとっても、選手にとっても、女子サッカー界にとってもプラスにはならないはずです。グッズ売り場で買ったアイナックのサイン色紙を、白紙のまま持ち帰る子どもの表情を関係者は見てください。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | きょうの出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<広島にて | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 地元神戸は大フィーバー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。