FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
舞台は楽し~クレイジー・フォー・ユー
2011-08-14 Sun 20:39
歌って、踊って、恋をして・・・「これぞアメリカ!」「これぞブロードウェイミュージカル」というのが『クレイジー・フォー・ユー』です。アメリカ初演が1992年、劇団四季で日本版の幕を開けたのが翌93年ですから、かれこれ20年近く経つわけですが、今でもまったく色あせることはありません。かえって、今だからこそ感動できる作品と言えるかもしれません。実によくできていて「いつまでたっても、いいものはいい」の代表です。

劇団四季の作品はごく一部のストレートプレイを除いて、ほぼすべて観ている私。実は、最初に観た四季作品が『クレイジー・フォー・ユー』でした。この作品との出会いが、私が20年近い四季ファンとなるきっかけというわけです。一瞬にして、その魅力にはまり、時間が許せば、各地の公演に遠征し、幾度となく観たものです。そんな私にとって思い入れのある『クレイジー・フォー・ユー』が、今月10日から四季劇場[秋]で上演中。全国ツアーの凱旋公演で、東京では1年半ぶりの再演となりました。というわけで、早速行ってきました。
クレイジー・フォー・ユー
物語の舞台は1930年代、大不況のアメリカ。主人公はダンスが大好きでお調子者、今風に言えば“チャラ男”のボビー。銀行家のボンボンのボビーは、差し押さえのためにやって来たネバダ州の劇場の娘・ポリーに一目ぼれし、彼女の気をひくため、大プロデューサー・ザングラーになりすまし、周囲を巻き込んでの騒動を引き起こす・・・という単純明快で、最後はみんな幸せになるストーリー。『キャッツ』『オペラ座の怪人』『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』といったロンドン生まれのミュージカルとは対極にあると言ってもいい明るさ100パーセントミュージカルです。中でも超一流のエンターテインメントを見せつけてくれるのが、小気味よいダンスの数々でしょう。タップダンスを軸に組み立てた振りつけ、鍋やお盆、スコップにつるはしなど身近な小道具を使った演出は、一度観たら病み付きになること間違いなし。

主役ボビーは、初演からずっと劇団四季の看板俳優・加藤敬二さんと、荒川務さんの両ベテランが務めてきました(ここ数年、田邉真也さんもキャスティングされていますが私は未見、毎回タイミングが合わず涙)。ボビーには、タップを含めたダンス力、笑いのセンスが輝く演技力、そしてガーシュウィンの名曲の数々を歌い上げる歌唱力と、高度な三拍子が求められるのですから当然です。そこに今年、若々しいボビーが加わりました。松島勇気さんです。『ウェストサイド物語』のダンスが印象的ですが、それもそのはず、プロのクラッシックバレエダンサーから四季に入団したという経歴の持ち主、当然のごとく、踊りのなめらかさとキレは絶品、文句なしです。さらに今回気がついたことは、声が伸びやかでボビーにぴったりなこと。彼の歌もいいんです。また細かい演技も体当たりでこなし、この役を重ねていくことで、松島さんの当たり役になるのは間違いありません。ぜひ、今のうちに松島ボビーは要チェックです(キャストは公演によって変更される可能性がありますから、公式HPをこまめに確認してください)。

もうひとつ注目すべきは、ザングラー役の広瀬彰勇さん。若いボビーに対して、この方が出ると実に舞台が締まるのです。数年前に劇団四季を退団されましたが(四季時代は広瀬明雄)、ザングラーと言えば広瀬さんでした。今回も、上手い役者の“間”のマジックを見せられた気がします。客演での参加ですが、こんな形で四季のOB,OGの姿を再び四季の舞台でも観る機会が増えると、オールド四季ファンとしてはたまらないですね。

ミュージカルナンバー『Nice work if you can get it』で、踊り子たちがボビーをはげます場面の一節がこれ。

♪できればいいな やればできるだろう~

元気がほしい時に、心のカンフル剤になるミュージカル『クレイジー・フォー・ユー』は、東京・四季劇場[秋]で9月25日まで上演中です。



公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<なでしこ合宿地は、お湯もいいけど人がいい | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 広島にて>>
この記事のコメント
今晩は(^O^)♪
お仕事お疲れ様です!m(_ _)m
超楽しいミュージカルですよねっ(^w^)
大好きな作品です!
寒さ厳しい毎日ですが…お身体御自愛下さい。o(^-^)o
2013-01-18 Fri 20:29 | URL | 紳一郎 #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/