藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
どしゃ降りの中でも晴れやか
2011-11-19 Sat 23:43
金閣寺警備
きょうの京都は朝からどしゃ降り。そんなあいにくの空模様ながら、今話題の“あのカップル”が現れると、あたりがパッと明るくなったようでした。国賓として来日しているブータンのワンチュク国王ペマ王妃が昨夜京都入りし、けさから分刻みのスケジュールで京都市内を駆け巡りました。31歳のイケメン国王は先月結婚したばかり。美しい21歳の若妻とともに、新婚旅行を兼ねての訪問です。というわけで、私も取材で密着してきました。

朝一番で訪れたのは、世界遺産の金閣寺。国王夫妻は境内にある『平和の鐘』をつき、「いつもどこかで争いが起きている。仏教の力で世界が平和にならなければいけない」と話されていたそうです。参拝を終えパトカーに先導された一行の車列が出てきたとき、私のすぐ目の前をお二人を乗せた車が・・・。思わず手を振ると、気づいたペマ王妃がにこやかに振りかえしてくれました。その笑顔のなんと美しいことか!仕事を忘れすっかり見とれてしましました。

午後には京都伝統工芸館を見学されましたが、そのころになるとツイッターなどで夫妻が訪問されることを知った市民や観光客が、一目見たいと大勢詰めかけ、歩道から人があふれ出すほどの人気ぶり。お二人は雨にもかかわらず車の窓を開けて、笑顔でその歓迎に応えていました。見た人の誰もが「美しかった」「品があるけど親しみを感じた」と話し、飾らないお二人のようすにメロメロとなる人続出でした。また国王が東日本大震災でいち早く支援の手を差し伸べてくれたことに感謝する人も多くいました。

九州よりやや広い面積に70万人が住むブータン。国民の多くは熱心なチベット仏教の信者で、先代の国王が「GNP(国民総生産)ではなくGNH(国民総幸福)を大事にする」と唱え、それが国是になっているんだとか。「世界一幸せな国」と言われるブータンと日本は文化的には共通点が多く、さらに何より外見が似ています。「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」とは相田みつをさんの名言ですが、このヒマラヤ山脈の小さな国に見習うべきことがたくさんあるような気がします。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | きょうの出来事 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<大王のおひざ元で見たもの | アナウンサー・藤村幸司BLOG | しばれました北海道>>
この記事のコメント
#1283 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-11-20 Sun 09:41 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。