FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
舞台は楽し~江戸の青空 弐
2011-11-27 Sun 09:35
江戸の青空 弐
東京、仙台公演を経てきのうが大阪公演初日(といっても、2日で3公演なのできょうまでですが・・・)。我らがミヤネ屋ファミリー・松尾貴史さん出演の舞台『江戸の青空 弐~惚れた晴れたの八百八町』を観劇しました。脚本は『猫のホテル』主宰の千葉雅子さんで演出はG2さん。落語の名作、主に恋愛モノ12作のストーリーを巧みに組み合わせ、ひとつの物語にした作品で、落語のおなじみのキャラクターたちが、次々に登場しては騒動を起こすので、とにかく笑わせ、時にほろっとさせます。2年前に西岡徳馬さんらで上演された『江戸の青空』のパート2ですが、まったく新しいお話で初めてでも大丈夫。基になった落語を知っていたら、より楽しいですが、知らなくても大笑いできますよ。

そして、キャストが文字通りの芸達者揃い。主役を務めるのは現代劇初舞台となる歌舞伎役者・坂東巳之助さん。頼りなくて応援したくなる徳三郎を熱演。とにかく舞台を駆け回るのですが、その走る姿の美しいこと。その相手役のおせつちゃんが、ドラマ、映画、CMで活躍する朝倉あきさん。ほんとうに愛らしさが伝わってきました。初の舞台出演だとは思えないくらいのびのびした演技は◎。

おバカな丁稚は落語には欠かせない存在。『花組芝居』の植本潤さんが、それはそれは弾けて魅せます。『ナイロン100℃』の松永玲子さんは、色々なおかみさん、奥さんを演じますが、そのやり取りの“間”は絶品。そして松尾さん、この人は天才です。ミヤネ屋のスタジオで見せる“かしこ”の顔とは違った千変万化の役。どこまでがセリフで、どこからがアドリブなのか?開演前のアナウンスも必聴です。

私の観劇リストの常連、吉野圭吾さん戸次重幸さんも出演しています。ミュージカル俳優、最近はストレートプレイも増えている吉野さんとはいえ、ほぼ初めての和もの時代劇。これまで様々な役を観てきましたが、このちょんまげ姿も意外なまでに似合うのです。気弱で人がよく、でも二枚目という役もぴったり。芝居の中で植本さんに「顔も演技もバタくさい男」と言われていましたが、これには声出して笑ってしまいました。『TEAM NACS』の戸次さんも大好きな役者さん。前作では鍛えた肉体美が話題となりました。今回もしょっぱなから彫刻のような、ムキムキな筋肉を披露しています。それだけでも観る価値あり?ですが、キャラの濃い役をいくつも演じ分け、舞台に勢いを出してくれるのは、この人あってのこと。さらに、落語家の柳家花緑さん。毎度毎度、多才ぶりを見せてくれますが、今回も裏切りません。この3人はかつて『宝塚BOYS』の初演で共演しています。仲の良さ、チームワークが伝わってきます。

シンプルながら自在に変わるセットで繰り広げられる江戸落語の世界、個性の違う役者さんたちが化学反応を起こし、新たな魅力を生産中です。『江戸の青空 弐』はこのあと、倉敷、廿日市、北九州公演と続きます。

舞台は楽し『宝塚BOYS』2007-07-07
舞台は楽し『宝塚BOYS』 再演 2008-09-04

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<社会現象?家政婦のミタ | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 小学校の先生がアエイウエオアオ>>
この記事のコメント
#1284
リポーターの藤村幸司氏は品性がある。
一方、左巻きで品性のない司会者がいる。
2011-11-28 Mon 09:19 | URL | うなぎ #-[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。