藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
舞台は楽し~ズボン船長
2012-02-19 Sun 12:01
「熱い思いがあれば、仲間が集まり、輪が広がり、夢が形になる」
そんなできそうでできない方程式を、目の前で見せつけられたような夜でした。
ズボン船長
神戸発のミュージカル『ズボン船長 FIFI AND THE SEVEN SEAS』が昨夜、神戸文化ホールで幕を開けました。『魔女の宅急便』で知られる角野栄子さんの童話『ズボン船長さんの話』を原作にしたオリジナルミュージカル。ひ弱な小学生の男の子ケンが、かつて船乗りだったズボン船長に出会い、船長から大切にしている宝物にまつわるエピソードを聞くことで物語は進んでいきます。船長の思い出話の中に、ケンが入り込み、さまざまな冒険をしていくと、観客もケンといっしょにファンタジーの世界に引き込まれていきます。ワクワク、ハラハラさせ、時にはほのぼのし、はち切れるダンスシーンあり、また“ドキッ”とさせられるセリフあり。ケンが「人は必ず死ぬのに、なぜ生まれてくるの」と尋ねるなど、根底には普遍的なテーマも流れています。

このミュージカルこそ、ある男の“熱い思い”が生み出した作品です。その男とは、俳優であり、演出家であり 振付家であり、アークスインターナショナル代表として未来のミュージカルスターを育てている岸本功喜さん。この作品では、演出、脚色、構成、振付を担当しています。演出家としては、若手の中でも若手の年齢ですが、実際に会って話してみると、誰もが彼の舞台に対する熱い熱い思いを感じるはずです。また、その行動力が半端ではありません。

そもそも『ズボン船長』がミュージカルになったのも、岸本さんが原作の角野さんに直談判したことから。「自分の伝えたいことが詰まっているズボン船長を舞台にしたい」その思いは伝わりました。角野さんは「最初はお会いするだけのつもりだったけれど、岸本さんの“熱”を感じたから」と語っています。そうそう、この岸本さんは、劇団四季の役者さんだったんですが、そのきっかけも熱いのです。学生時代に、大阪MBS劇場(現・シアターBRAVA!)で劇団四季の『キャッツ』を観劇。その時に、今や伝説の蔡 暁強(サイ・シャオチャン)さんのミストフェリーズにビビビ!と稲妻が走り、そのまま劇場外で出待ちして、「自分もやりたい!!」と直談判したのだそうです。その後、劇団四季のオーディションに合格。『ライオンキング』ではムキムキの筋肉も話題となったハイエナ役をはじめ『美女と野獣』や『ジョン万次郎の夢』などに出演しているのですから、夢を実現させる達人と言える方です。

そんな彼のもとには、劇団四季時代の仲間をはじめ、多くの才能が結集しています。ダンス指導に加わったのは、岸本さんをビビビ!とさせた蔡 暁強さん。ダイナミックな群衆ダンスは必見です。また心に響くナンバーも数多くあります。作曲、音楽監督は小島良太さん。こちらも四季出身で『ライオンキング』『マンマ・ミーア!』に出演したあと、現在、作曲家、編曲家として活躍している方です。今回は船乗り役で出演もしています。また子役たちも素晴らしい。日本のミュージカル界の“金の卵”たちと出会えます。

荒削りだけれど、それぞれの熱い思いが、ステージで激突し融合している感覚。これこそ生のお芝居の魅力だと再認識させられた舞台です。昨夜は超満員の観客が詰めかける中での、文字通りの“船出”でしたが、これから荒波も、嵐もあるでしょう。でもそのたびに、さらに輝きを増すであろうミュージカル『ズボン船長』。「神戸から世界へ向けたミュージカル」のキャッチフレーズも夢ではありません。きょう2回ある神戸公演は完売で、追加公演が、ゆかりのシアターBRAVA!で2月26日に行われることが決定しました。熱いパワーをもらえます。ぜひ、観てみてください。
詳しくは、公式HPで。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<舞台は楽し~二月花形歌舞伎 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | トマトで痩せる??>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。