藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
劇団四季のユタは凄い!
2012-03-26 Mon 21:08
四季劇場ユタ
劇団四季のオリジナルミュージカル『ユタと不思議な仲間たち』は、私の大好きな作品のひとつ。「ミュージカルのおすすめは?」とたずねられたら必ず上げる1本です。現在、東京・四季劇場 秋で27日まで上演中です。私はこのブログで紹介した、2008年1月の観劇記(1)(2)(3)以降も、たびたび観ているんですが、今回の東京公演では、また新たな感動を与えられました。実はあれほど触れている作品にもかかわらず、涙が止まりませんでした。完成形だと思っていたユタが、まだまだ成長しているのです。

ユタは上川一哉さん。クリクリの大きな目で、表情豊かにユタの心の内と成長の過程を演じています。前回の藤原ユタも好きだけど、上川ユタも、いいんです(ちなみに藤原大輔さんは隣の自由劇場で『ガンバの大冒険』に出演中)。道口瑞之さんの座敷わらしのヒノデロは、すっかり当たり役になりました。休憩中の客席で若い女の子たちが「ヒノデロってホンモノの女の人?ハンパなくきれいなんだけど!」などと盛り上がっていました。伊藤潤一郎さんのゴンゾは初めてでしたが、ひと声出しただけで、その迫力に圧倒されました。あの体格と声、ゴンゾそのものです。いじめっ子・一郎役の厂原(がんばら)時也さんはダンスのキレが実に美しい。ツアーではユタも演じているのですが、私は未見。終演後のキャストのお見送りで私が「次は厂原ユタ見に来ます」と声をかけた時に見せた笑顔は、ユタにぴったりです。

去年3月の東日本大震災以降、劇団四季は「東北の子どもたちの元気と笑顔を取り戻したい」と、7月から8月にかけ岩手、宮城、福島の3県で、合計13都市27回の『ユタと不思議な仲間たち』無料公演を行いました。その模様は『情報ライブ ミヤネ屋』でも紹介しましたが、「生きているってすばらしい」「みんなは一人のために、一人はみんなのために」「友だちはいいもんだ」など、ユタに詰め込まれたメッセージは確実に東北の子どもたちに伝わっているようでした。本来、レーザー光線やフライング、本物の雨を降らせるなど、大掛かりな演出が特徴である作品を、条件の違う被災地の体育館で上演するため、一から作り直した舞台。「言うは易く行なうは難し」で、山積する課題やトラブルを乗り越えての公演となりました(その様子は、発売中のブルーレイ&DVDで見られます)。もともとフットワークが軽く、決まったら何でも素早くやる劇団四季ですが、関係者は「ユタの東北公演は、キャスト、スタッフが一丸となって、今まで以上のスピードで物事が進んでいった」と振り返ります。そこには、被災者へ寄り添い、演劇に何ができるかを模索し続けた四季の覚悟があったに違いありません。

『ユタ』は東北公演の後、全国ツアーに・・・。そして今月、カンパニーそのままに東京に帰ってきたのです。私が感じた「作品が成長している」という感覚は、この1年の“歩み”のせいなのかもしれません。これまでにも、キャストからは熱い思いが伝わりましたが、それとは違った何かを感じさせたのです。決して観る側の思い込みではない何かを・・・。春休み中だけあって、客席には子どもたちの姿が目立ちます。本当ならば、前かがみで観劇すると後ろの人に迷惑なのですが、舞台が進むにつれてどんどん前のめりになっていく子どもたちを見ていて、無性に嬉しく感じました。今回の東京公演は短期間で、5月には再び、去年回れなかった被災地での無料公演ツアーに出ます。そのため次いつ一般公演があるかはわかりませんが、ぜひチャンスがあればご観劇ください。お子さんと、家族と、大切な人と、もちろん一人ででも。これまで観た人も、新たな何かが加わったユタに会ってきてください。


公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』


別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<舞台は楽し~ミュージカル・ジキル&ハイド | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 舞台は楽し~オペラ座の怪人 25周年記念公演>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。