FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
舞台は楽し~Endless SHOCK
2012-03-31 Sat 10:10
ニューヨークやラスベガスでショーを観るたびに、「アメリカ人って、人を喜ばせるためなら、ここまでやるか」と圧倒されます。本場はスケールが桁違い。お金も、人も、労力も、情熱も、エンターテインメントのためなら、まったく惜しむことをしません。でも、そんな「ここまでやるか」を先日、日本の舞台で初めて感じたのです。

現在、東京・帝国劇場で上演中の『Endless SHOCK』堂本光一さんが座長を務め、2000年の初演から数えて12年目を迎える舞台です。きのうで記念すべき通算900回公演を達成しました。これは故・森繁久彌さんが『屋根の上のヴァイオリン弾き』で成し遂げた主演回数に並ぶ偉業です。こんなに長年支持されている舞台なのに、私は今回がSHOCK初体験。2007年10月25日のブログでSHOCKについて「過去のリハーサル映像や公演DVDを見てみても、舞台として完成度の高さが分かります。舞台好きの私としては、一度は“生”で見てみたいと、常々思っているのですが、チケット争奪は超激戦のうえに、熱狂的なファンで埋め尽くされた客席を想像すると、足を踏み入れる勇気がなく、未見のままなのです。」と書いていましたが、このたびようやく念願かないました。
ショックロゴ

観終わった今「なぜもっと早くから観ておかなかったんだろう」と後悔しています。歌にダンスに、タップにレビュー。フライングがあればイリュージョンもあり、本格的な和太鼓や殺陣、階段落ちなどなど・・・。しっかりしたお芝居の中に、ありとあらゆるエンターテインメントの要素が詰め込まれ、これでもかと言わんばかりに次から次へと展開します。息つく暇もないとはこのこと。「5分に1回は観客を驚かせる」という触れ込みも大げさではありません。出演者の才能が輝きカンパニーの一体感もあって、こんなに完成度の高い作品だったということにも正直“SHOCK”を受けました。

そして舞台から伝わる光一クンの座長としての気合の程が半端ではありません。あの広い帝劇が狭く感じるくらい動き回り、踊り、宙を舞います。あれだけハードな舞台を今回は2月の博多座と合わせ4月30日まで連続4か月もやるというのですから、尋常ではありません。去年3月11日昼公演の幕間に東日本大震災が発生し、その後、2か月公演の半分が中止となった『Endless SHOCK』。それだけに今回は被災地へのメッセージも込められているように聞きました。

光一クンのライバル役として登場するのが内博貴さん。いや、驚きました。関ジャニやNEWS時代の内クンのイメージしかなかったせいもあるでしょうが、舞台役者として実に魅力的に成長されました。2年前シアター・クリエでミュージカル『ガイズ&ドールズ』の主役をされているのは知っていましたが、声もよく通るし、演技もしっかりしているし、ルックスも、パフォーマンスもかっこいい、ステージ映えするまさに舞台向き。苦労した期間に、どれほどのレッスンを積んできたのか、想像できます。今後、もっと様々な舞台で観てみたい役者さんが増えました。『レ・ミゼラブル』のアンジョルラスなんて、内クンにぴったりじゃないでしょうか。

『Endless SHOCK』は、驚きはもちろん、笑い、泣き、感動の連続です。伊達に900回も続いているわけがありません。「たかがアイドルのショー」だなんて思っている人、人生を損していますよ。



公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<舞台は楽し~シレンとラギ | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 舞台は楽し~ミュージカル・ジキル&ハイド>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。