FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
いや~昔のドラマっていいもんですね
2012-07-14 Sat 23:18
500本?いや1000本近くあるかも。思い立ったようにVHSテープの処分をしています。自分の担当した番組をはじめ、ドキュメンタリーにバラエティ、劇場中継などなど。捨てるのは忍びないものの、劣化は進むし、再生機は無くなるし、ここは思い切って“断捨離”です。どうしても残しておきたいものだけを、コツコツDVDに焼き直しています。デジタルのダビングならあっという間ですが、アナログからだと当然、収録分だけ時間がかかって大変。よって厳選の上に厳選して。

名作ドラマ2作
昔からドラマ好きの私が録画して『保存版』として全作残しているのが『青が散る』『昨日、悲別で』。大掃除で出てきた古新聞を読みふけるように、この懐かしのドラマに見はまってしまいました。どちらも、私の青春時代そのもの。1983年から84年の放送当時、原作本やシナリオ本も買ったほど、登場人物にオーバーラップさせ、今の自分に影響を与えた作品でした。DVD化もされず、再放送もほとんどなく、おそらくほぼ30年ぶりに全編観たことになりますが、今でも名作は変わりません。携帯もパソコンも無い時代の若者たち。ほんのついこの間までの自分たち。今と比べたら不便で洗練されていないけど、現代の若者より豊かで幸せだったように感じます。

『青が散る』では、石黒賢さんや二谷友里恵さん、『昨日、悲別で』では天宮良さん、布施博さん、梨本謙次郎さんらが新人として出演していて、初々しくも輝いています。またどちらも、音楽の使い方が巧みで見事です。『悲別』では、風(伊勢正三・大久保一久)の『22才の別れ』が絶妙なタイミングで流れてきます。『ニューヨークニューヨーク』や『シングシングシング』『メモリー』も効果的で、心にしみます。『青が~』は松田聖子さんの『蒼いフォトグラフ』、ガリバーが歌う『人間(ひと)の駱駝(らくだ)』がなければドラマが成り立ちません。

『悲別』は倉本聰さん、『青が~』は宮本輝さんの原作だけに、せつなく、心の奥にガーンと響くセリフが随所に散りばめられています。何に対してかも分からない不安や苛立ち、葛藤の青春時代、夢に向かってがむしゃらだったあの頃がよみがえったようでした。皆さんには、人生に影響を与えたドラマってありますか?いや~ドラマってほんと、いいもんですね。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』

別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<長崎原爆忌~知ること伝えることの責務 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 舞台は楽し~イッセー尾形のこれからの生活2012>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。