藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
舞台は楽し~樅ノ木は残った
2013-01-25 Fri 07:01
樅の木は残った
大阪・新歌舞伎座で上演中の杉良太郎さん主演舞台『樅ノ木は残った』を観劇しました。山本周五郎の長編歴史小説を、杉さん自身の脚本、演出で舞台化した話題作です。江戸時代の初期、仙台藩伊達家を襲ったお家騒動と、藩をつぶそうとする幕府の陰謀を描いたお話で、杉さんは伊達家を守るため命を賭けた原田甲斐を演じます。そのほかの出演陣は安田美沙子さん名高達男さん松村雄基さん川﨑麻世さん山田純大さん嘉門洋子さん、元宝塚の紫ともさんなどなど贅沢なまでの豪華なキャスティング。これが大阪公演のみの半月公演なんてもったいないくらいです。それだけに貴重な舞台と言えるかもしれません。

まずは改めて杉さんの存在感。黙っていても、つぶやいても、そのオーラたるやすごい。杉さまファンの気持ちがよくわかります。そこに絡んでくるヒロイン宇乃を演じるのが安田さん。けなげで一途な女性の役が、実際のご本人の舞台に臨む一生懸命さと重なって、実にはまっています。大御所にもまれながら女優としての階段を確実に上っていく進行形を見たような気がします。松村さんは出演シーンは少ないけれど、1人で感情の起伏を表現していくびっくりするほどの長セリフの場面が見せ場。観客をグイグイ引き込んでいく迫真の演技は見事です。山田さんは杉さんのDNAなのか、舞台での立ち姿から美しくかっこいいし、洋風の顔立ちの川崎さんが、これまたちょんまげがよく似合うのです。

2回の休憩をはさんで3時間40分という長い芝居。随所に工夫がみられます。かなりきわどい濡れ場、要するにエッチなシーンがてんこ盛りだったり(嘉門さん、体張ってます)、本格時代劇の舞台ではそこまではやらないと思われる、血のりを使って、ドクドクと血が吹き出す立ち回りのリアルな演出など。妥協を許さない杉さんのこだわりが感じられました。時代劇ながらどこか現代にも通じるストーリー、複雑な人間関係の背景を観劇後にじっくり想像してみるのも楽しい『樅ノ木は残った』は、今月31日までです。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<合掌・市川團十郎丈 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 氷点下の世界②流氷で遊ぶ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。