FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
合掌・市川團十郎丈
2013-02-04 Mon 15:45
昨年末、顔見世興行公演中の京都・南座楽屋口。緊張気味に声をかけた私に、いつもと変わらず丁寧に対応してくださった團十郎さん。舞台では『石切梶原』の梶原平三で、豪快と繊細を巧みに演じ、その存在感を見せつけた團十郎さん。ほんのひと月半前には、まぶしいばかりにスターの輝きを放っていたのに、あまりにも突然に召されてしましました。

一番好きな役者さんでした。歌舞伎では一番見た役者さんでした。 去年は『市川團十郎 荒事の世界』展で、実際に使われた『勧進帳』『助六』などの衣裳や小道具を目の前にして、それだけで團十郎さんのパワーをもらえた気がしました。豪快でおおらかな演技が好きでした。少し鼻にかかった声が好きでした。舞台の立ち姿が好きでした。

市川家の伝統を守りながら新しいジャンルに挑戦されたり、古い演目の復活にも力を注がれました。アナウンサーの発声練習にも使われている『外郎売』を、早口言葉の本来の形に戻したのも12代團十郎さんでした。若い海老蔵さんの外郎売も見事ですが、團十郎さんの外郎売は神がかりでした。もう生で聞けないのかと思うと残念でなりません。勘三郎さんから間を置かずに團十郎さんの死。これから歌舞伎はどうなっていくのでしょうか。

ひとまずは、ゆっくりお休みください。これからは天国から新しい歌舞伎界を見守っていただくことでしょう。

心よりご冥福をお祈りします。

『團十郎の歌舞伎案内』という本は、歌舞伎の歴史や市川家のドラマ、歌舞伎役者から見た演目解説など、團十郎さん自身が書かれたとてもおもしろい本です。まだ読まれてない方はぜひご一読ください。


公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | きょうの出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<舞台は楽し~二月花形歌舞伎GOEMON | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 舞台は楽し~樅ノ木は残った>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。