FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
より深く~ミュージカル『レ・ミゼラブル』の原点
2013-05-14 Tue 14:38
フランス版レミゼ
新演出版のミュージカル『レ・ミゼラブル』が東京・帝国劇場で幕を開け、その後、秋まで各地を回ります。去年公開された映画版の効果もあって、私のまわりのミュージカル未見の人たちからも「チケット取ったよ」という報告をよく耳にします。このブログが少しでも参考になれば、“レミゼ命”の私としてはうれしい限りです。

ミュージカル『レ・ミゼラブル』は、1980年にパリでフランス語版が上演され誕生しました。それを大幅に改定したのが1985年にロンドン初演の英語版。日本(87年~)をはじめ世界中でおなじみとなったのがこの英語版(ジョン・ケアード演出版)でしたが、25年を機に惜しまれつつも演出が変えられたのです。新演出では、これまでレミゼの装置のかなめであった盆(回り舞台)を廃止し、より立体的に縦方向を使ったセットや、原作者ユゴーの絵画をプロジェクターで映し出した背景が特徴です。直感的に初めての人にも分かりやすく、細かい演出になった一方、古いレミゼファンとしては「前の方が良かった」という部分があるのも事実です。私が観たプレビュー公演では「まだ毎日、改良が加えられている」と聞いたので、近々また確認に行こうと思います。

では「もともとのフランス語版はどうだったんだろう?」と考えるのが、“レミゼ命”の性。そこで『フランス語版オリジナルコンセプトアルバム』を聴いてみました(こんなときアマゾンって便利です)。当然フランス語なのでちんぷんかんぷんなんですが、フランス語独特の美しさと力強さに引き込まれます。また、より物語性を強く感じます。ただ、英語版とはアレンジが違うのはもちろん、曲順も違うし、歌っている役柄すら違うような気がします。輸入盤なので対訳もついていないし・・・。そこで、いい本を発見!(またまたアマゾンは助かる)。

渡辺諒・著『フランス・ミュージカルへの招待』によると、そのあたりも明らかになりました。まず英語版の幕開けは牢獄のシーン(新演出版はガレー船)ですが、フランス語版はマドレーヌの工場から始まります。つまりヴァルジャン再生のきっかけとなる司教との出会いがカットされ、即、子どものために身を売り、死んでいくファンティーヌの登場となっているのだとか。また英語版ではエピソードの説明部分が(あれでも)かなり増えているそうです。ということはフランス語版は、原作を知らずに観たら分かりにくかったかもしれません。

エポニーヌが歌う「オン・マイ・オウン」は英語版で初めて書き加えられたが、もとの曲はフランス語版でファンティーヌ(コゼットの母)が歌う「悲惨なメロディー」だったとか、名曲「彼を帰して」はロンドンの初日3週間前に主演の美しいテノールを生かすために急きょ入れたとか、コゼットが待っていたのは母親ではなく王子さまだったとか、うんちくがいっぱい。英語版にするにあたって、ストーリーも音楽も85パーセント変えてしまったといいます。ただおもしろいのは、テナルディエ夫妻のパートはそのままなこと。筆者は「~人間はそうそう変わらないし、変われない~人間であることを証明するかのようだ。時代や人間関係が大きく変わっていくなかで、コミカルな本音トークを謳い上げる彼らが不変軸になっていることは興味深い」と書いています。仏英のセリフ比較もありますので、より深くレミゼの世界に浸りたい方はCDとセットでどうぞ。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<StarS『三大ミュージカルプリンス コンサート』 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 舞台は楽し~魔劇「今日から(マ)王!」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。