藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
『ライオンキング』歴史の重み
2015-06-14 Sun 10:26
ライオンキング大阪
先日、また劇団四季のミュージカル『ライオンキング』を観劇してきました。数えてみたら、私にとって日米英3か国合わせて“56回目”のライオンキングでした。「同じ作品を飽きずにそこまでよく観るね」と呆れられることもしばしばですが、ライオンキングは何度観ても発見があり、何度めでも新鮮な感動があるんです。だからこそ日本公演だけで、4月には総入場者数が1千万人を突破、来月には上演回数1万回という、日本演劇界に前人未到の記録を打ち立てようとしているのです。

思い起こせば16年前、東京初演は『四季劇場・春』のこけら落とし公演。そしてほどなく開幕した大阪も『大阪MBS劇場』(現シアターBRAVA!)のこけら落とし。当時、長崎の局アナだった私は何度、飛行機に乗って真新しいふたつの劇場に通ったことか。以来、福岡、名古屋、札幌公演を経て、現在は無期限ロングランの東京と3年前に再演が開幕した大阪で上演しています。

このライオンキングの歴史の重みを感じるのは、最近パンフレットの出演者紹介に「子どもの頃ライオンキングを観て俳優を目指した」という役者の実に多いことか。だから客席で目を輝かせている子どもたちを見ると、この中から新たなミュージカル俳優が誕生するかと思っただけでワクワクします。さらに実際にヤングシンバやヤングナラの子役で出演していた人たちが、今様々な分野で活躍しているのです。初代ヤングシンバのひとり、海宝直人さんは、現在ミュージカル『レ・ミゼラブル』のマリウスで出演中、さらに開幕したとたん大ヒットとなっているミュージカル『アラジン』でも、近々アラジンとして劇団四季の舞台に帰ってきます。今や若手演技派俳優として活躍する池松壮亮さんも、EXILEの新メンバー山本世界さんも、ヤングシンバでした。池松壮亮さんの姉の池松日佳瑠さんのように子供時代ヤングナラ、大人になってナラを演じた人もいます。

ライオンキングの子役は、声変わりや身長などの条件から実に寿命が短いのです。だからこそ今活躍しているライオンキング出身の子役時代を観ていることは、私の観劇の宝物でもあります。今、大阪のヤングナラで出演中の上垣ひなたちゃん。最近、テレビ番組の歌唱対決で大人のミュージカル女優に勝ったことでも話題ですが、舞台でも、その歌唱力や表現力は「大人を食う」くらいの存在感。びっくりさせられました。今日も舞台には、そんな未来の大スターたちが小さな体で大暴れしています。毎日、歴史を刻んでいる『ライオンキング』にあなたもぜひ立ち会ってください。

公式HP『アナウンサー藤村幸司ドットコム』
別窓 | 芝居・ミュージカル | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<ローカルソースにはまってます | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 祝開幕!劇団四季ミュージカル『アラジン』>>
この記事のコメント
#1301 管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-06-22 Mon 13:02 | | #[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。