FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
テレビ局は視聴者よりも偉い?
2007-04-24 Tue 20:23
なぜ、周りの人は指摘しないのかと、イライラしていました。他局とはいえ、毎日毎日発せられる女性アナウンサーのあるコメントについてです。

「△△クイズ、みなさん、どしどし、ご応募してください」
「番組携帯サイトは、全ての携帯電話でご利用できます」


「ご(お)~する」「ご(お)~できる」とは、例えば、
「弊社の者が、お客様をご案内します」とか、
「必要な書類は、私どもでご用意できます」と言うように、
案内したり、用意したりする自分の行為を、へりくだる謙譲表現です。その法則にのっとれば、アナウンサーのコメントは、クイズに応募し、携帯サイトを利用する視聴者を下げ、テレビ局側が偉くなっています。

それも言うなら「ご応募ください」「応募してください」、「ご利用になれます」「利用できます」でいいんです。おそらくディレクターが書いた原稿を疑うことなく読んだだけなんでしょうが、最終的にことばを電波に乗せるアナウンサーがチェックできないとは・・・

などと、ぼやいていたら、私の周りにも、「気にならない」「何が変なの?」という人がけっこう多いんです。実は、文化庁の調査でも、これが気になる人は年々減っていて、今では3割ほどだそうです。でも、放送の現場だけは最後の砦を守らねばならないと思います。

ここで「敬語を正しく使いましょう」などと、言うつもりはありません。でも、知らないと困ることも少なくないのも現実です。一人称がなくても「荷物、お持ちしますか」と言われれば、「私が持ちましょうか」ですし、「荷物、お持ちになりますか」だと、「あなたが持ちますか」だと理解できるのは、敬語が分かっているからです。でも、このままだと、一人称なしでは通じなくなるのも時間の問題かもしれません。

以前、日本語を勉強している外国人から「敬語は難しいけれど、相手を敬う気持ちが込められて、日本語は奥が深いですね」と言われ、とてもうれしかったことを覚えています。日本人なんですから、敬語くらい上手に使いこなしたいものですよね。ちなみに、その外国人の敬語はカンペキでした・・・。
別窓 | テレビに物申す | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<人間の魅力の勝負 | アナウンサー・藤村幸司BLOG | 違和感ある笑顔>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。