FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
アナウンサーは天職!?
2007-02-19 Mon 15:23
「どうしてアナウンサーになったんですか?」という質問もよく受けます。これを上手に説明するのは長くなるので、ひとことで表現するために、こう答えます。

「天職だから」

キザっぽいですが、幸せなことに、今までアナウンサーとして生きてきて、『働かされている』と感じたことはもちろん、『働いている』『仕事をしている』とも思ったことがありません。当然、それで収入を得ているという意味では働いていると言えるのでしょうが、すべて楽しく、進んでやっていたから、『働いている』『働かされている』とは思えないのかもしれません。

天職とは文字通り『天から命じられた職』という意味で、すなわち天性に最も合っている仕事のこと。私が喋る仕事は天職だと思うようになったのは最近のことなのですが、振り返って考えてみると思い当たることはいくつもあります。気が弱くて引っ込み思案だった子どもの頃から(今の私しか知らない人は信じられないと言いますが・・・)本が大好きで、また人の話に興味があって、そうして新たに自分が知ったことを、今度は別の人に伝えることが楽しかった覚えがあります。大勢の前で話す勇気はありませんでしたが、家族や友達に話すことが好きでした。そして小学校の高学年になった頃には、人見知りもようやく直りかけ、漠然とアナウンサーという職業にあこがれるようになっていました。

ちょうどその頃、初詣に出かけた地元の神社で、姓名判断のおみくじを引きました。大きな板に、ありとあらゆる名前が並んでいて、そこから自分の名前(漢字も同じもの)を探し、そのくじを引くというものでした。私も『幸司』を探して、引いてみたところ、そこには「あなたは“口”が宝となります。一方、災いにもなりえます。仕事は時代の先端を行くものが適していて、口を生かせる職業なら鬼に金棒です」と書いてあったのです。

純粋無垢な?幸司少年は、それを見て「アナウンサーになろう」と決意を固めたのです。単純でばかばかしく思えますが、実はその後も、進路を決定する大学卒業の頃までに、おもしろ半分でやった誕生日占いや、手相や、コンピューターの姓名判断でも、同じように『喋ること』が向いていると出るのです。人生を占いに頼る気持ちなど、さらさらないのですが、ここまで徹底していると、なんだか背中を押されたような気がして、何の裏づけもない自信も湧いてきたりして「アナウンサーになりたい」という思いは強くなっていきました。

最近つくづく、人生を切り開くのは、もちろん自分の努力でしょうが、それに加えて何か目に見えない力が大きく作用している気がしてなりません。実は先日も「喋ることは天職なんだ」と実感させられるものに出会いました。自分自身もびっくりしたその話は、明日のブログで・・・

別窓 | つぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<こわいほど当たってる! | アナウンサー・藤村幸司BLOG | テレビを切ってみたら・・・>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/