FC2ブログ
藤村幸司
http://fujimurakoji.blog91.fc2.com/
World Wide Weblog
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 | top↑
検索したら、あきらめがつきました
2007-05-19 Sat 12:22
dvd-ram.jpg10年前なら「無くて当たり前」のものだったのに、今では「無くてはならない存在」といえば、携帯電話、パソコン、そして完全にVHSに取って代わたHDD&DVDレコーダーです。これまで、自分の出た番組は、VHS、S-VHS、Hi8、DVC、D-VHSなど、その時代時代で一番いいと思われたメディアに保存してきました。これだけでも、膨大な量になります。そして5年前からは、大事なものはDVD-RAMのケース入りタイプに保存し、過去のテープもDVDに移す作業をしています。

と、ところが・・・

3年ほど前に買った、メインで使っていたDVDレコーダーが、3月のパソコンに続いて、不穏な動きを見せ始めたのです。録画したDVD-RAMを入れると、「何も入っていません」とか「ディスクを確認してください」とか、そのたびに違ったエラーメッセージが出て、最後には「これは録画も再生もできないディスクです」といいだす始末。さっきまで見ていたのに、この挿入口に入れると、次々にディスクが破壊されていく・・・そんな感じなんです。

「なんだかミュージカル『リトルショップ・オブ・ホラーズ』みたい」「山本耕史クン、熱演だったな」「そういえば、ちょうど後ろの席に森山未來クンが座ってたな」などと脱線して、まだ思い出に浸る余裕もあったんですが、別のDVDレコーダーに入れてみても、同じように「このディスクは再生できません」と出るので、汗がふき出してきました。

というのも、“人食い植物”ならぬ、“ディスク食いレコーダー”の餌食になったのは、愛するミュージカル「レ・ミゼラブル」の特別番組を集めたものと、藤原竜也さん、市村正親さんなどに私がインタビューした番組を録画したDVDだったからです。大事なディスクの中でも、特に大事なディスクだったわけです。ディスクやデッキをクリーニングしても変化はなく、修理に出したとしても「録画内容に補償はしない」と言われるのが関の山だろうし、焦り、落ち込んでいたところ・・・。

何か解決策があるかもしれないと、パソコンに「DVDレコーダー 故障」と入れてみて、びっくり!そのキーワードだけで出てくる出てくる、私と同じメーカーの同じ機種についてのトラブルの書き込みが。どうやら、この機種では、すでに同じ目にあっている人が大勢いるようなのです。それを知ると、不思議なもので、焦り、落ち込んでいた気分が晴れてきました。ディスクが復活したわけでもないのに「機械は壊れるもの、仕方ないか」と、思えるようになりました。我ながら、実に単純な思考回路に感謝!

やはり現代人にとって、パソコンは心強いなと感じつつも、DVDレコーダーのカタログを手に、思わぬ出費に頭を抱えています。
別窓 | きょうの出来事 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<舞台は楽し~いい芝居とは? | アナウンサー・藤村幸司BLOG | さわやかな初夏は間違い?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| アナウンサー・藤村幸司BLOG |
copyright © 2006 アナウンサー・藤村幸司BLOG all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。